Scroll to top

“遊び”こそが学びの基礎である

遊び心を忘れた教育が子ども達を苦しめている。

 

大人はある日突然遊ばなくなるのではない。茹でガエルのように、徐々に椅子に座って情報を認知する行為自体が「学習」であり、高尚な営みなのだと考えるようになる。

人によっては「遊ぶ」という単語に罪悪感を抱く人もいるのではないだろうか。まるで、「遊び」は子どもだけに、勉強の息抜きとして許されるモラトリアムにすぎないのだ、と。

 

しかし、遊びは決してストレスを解消する娯楽に留まるものではなく、紛れもない学習だ。

本稿では「遊びこそ学びの基礎であり、遊ばずして学習は成功しない」と主張し、その理由を「進化」と絡めて論じていく。  

遊びとは何か?

Post a comment

メールアドレスが公開されることはありません。